H3ロケット初号機打ち上げ見学記とet cetera

度重なる苦難を乗り越え、満を持して打ち上げに臨んだH3ロケット初号機でしたが、世界初の画期的なLE-9(第1段用液体燃料ロケットエンジン)は正常に作動したものの第2段エンジン(LE5-B)の点火に失敗し、やむなく司令破壊となってしまいました。
その後約9ヶ月の期間を経てH3ロケット試験機2号機の打ち上げは2024年2月15日から天候の関係で一旦延期となりましたが、
2024年2月17日に打ち上げは完全に成功しました(▶動画)。今回は残念ながら種子島に行くことができませんでしたが▶偉業達成おめでとうございます。 ▶公式「X」

※昨年(2023年3月)の失敗は痛恨の極みではありますが、しかし、一方で開発に最も苦労した珠玉の「LE-9(第1段用液体燃料ロケットエンジン)」は見事正常に作動したにもかかわらず、その偉業を丁寧に報じるメデイアは極一部を除きほとんどありませんでした。失敗ばかりを強調するその報道姿勢には疑問を感じざるを得ません。

新しいことにチャレンジする際に最も大切なことは、教育の分野も同じですが、当事者や周囲を萎縮させることではなく、失敗を反省し、その失敗から学んだ上での入念な努力に裏打ちされた次の失敗も恐れない、決して諦めない、常に前向きで謙虚な姿勢、精神だと当社は考えます。


▶H3ロケット試験機2号機フライトシーケンスCG

また、一足先に▶小型月着陸実証機・SLIMの月面着陸が2024年1月20日に見事成功しました。加えて月面高精度着陸は世界初の大快挙です(着陸地点の誤差は55m程度で高度50m付近での位置精度は3~4m程度)。
2機の探査ロボット(LEV-1・LEV-2)の分離にも成功し、LEV-2はSLIMの撮影に成功。世界初の完全自律ロボットによる月面探査と世界初の複数ロボットによる同時月面探査を達成しました(LEV-2は世界最小・最軽量の月面探査ロボット)。

→→ 当初太陽電池が発電しないという不具合が発生してしまいましたが、やはりSLIMはやってくれました。
2024年1月28日23時頃に電力が月の自転や公転等により見事回復し、再び地球との通信を確立。
JAXA関係者、そして大小関連企業の皆さんが「はやぶさプロジェクト」の時と同様に日本の底力を世界に示してくれました。
なんと言っても日本は世界で3番目に「▶工学実験衛星ひてん」計画で人工物を月面に届け(詳しくは「▶あの日のはやぶさ」ひてんの稿参照)、世界初の小惑星サンプルリターン計画「はやぶさ初号機」・「はやぶさ2」を成功させた国ですからね。

早速近くにある▶岩石(愛称:(トイ)プードル)の画像を地球に送信。着陸地点での夕日が沈んだため2月1日以降は2週間程度「休眠」となりました。
ここまで収集できた▶マルチバンド分光カメラ(MBC)他による様々なデータ等から月の起源に迫るさらなる科学的成果を収めてくれることを期待しています。


月の昼は約プラス110℃、夜は約マイナス170℃になるので、工学的なことを考えれば半導体を始めとする精密機器がとても持つとは思えない中でも技術者、研究者達が敢えて
「休眠」としたところに彼らの希望と常に前向きな精神が感じられます。さすがに通信の【再々】確立は無理だったようですが、私達はそのような姿勢にも学ばされ、勇気づけられます(▶月の灼熱地獄の中のSLIM:第1回目の月の越夜後)。受験生を含む今の自分に満足していない多くの生徒さん達もきっとそうではないでしょうか。

→→ と書きましたが、なんと2024年2月25日~26日にかけての運用でSLIMに向けてコマンドを送信したところ▶応答があり、通信機能を維持して夜を越したことが確認されたとのこと。にわかには信じられない思いですが、SLIMはまたしてもやってくれました。SLIMとその関係者の皆さん、そして日本の技術力と志は本当に凄いですね。感動で目頭が熱くなると共に心の奥底から励まされるような気分です。

越夜が成功
する前からSLIMは既に100点満点の試験で200点、いやそれ以上の結果を出してくれていました。しかも、本来は失敗とされた着陸時の姿勢の不具合も実は科学的観測の視点に立つと結果的に願ってもない最高の姿勢だったことがわかりました。なんと当初の計画からすれば失敗とされたものが、偶然とは言えそのまま大成功となった実例です。

教育に携わる者としては坂井SLIMプロジェクトマネージャの2009年の▶言葉(母校の後輩へのメッセージ)も印象に残っています。

今後数年以内に打ち上げが予定されている「▶月極域探査ミッション(LUPEX)」や遠大な計画である「▶火星衛星探査計画MMX(サンプルリターン)」も必ず成功するに違いありません。
--------------------------

※2024年1月26日未明の▶満月及び同29日未明の月齢17.2の▶月の全景と拡大画像(通信再確立直後)
▶1月30日と31日のSLIM着陸地点の影の様子を比較。着陸地点に月の夕闇が迫っているのがわかりますが、SLIMはこの直後の2月1日から「越夜」すべく暫く月の夜に入りました(いずれも当社撮影)。

▶2月7日未明の地球照(地球の反射光で月の夜の部分が照らされる現象)。極寒の中、一人ぼっちでいるSLIMの大凡の位置がわかります。
2月7日月齢26.4(逆三日月)と13日月齢3.5(三日月)の▶地球照を比較


今後の一大プロジェクトである世界初の「▶火星衛星探査計画(MMX:Martian Moons eXploration):2026年打ち上げ予定」からも目が離せません。そのためにもH3ロケット試験機2号機の今回の成功が欠かせませんでした。JAXA他の皆さんにはこれからまた何があっても挫けることなくチャレンジを続けて欲しいですね。
様々なプロジェクトの成功を心から願っています。


🔽種子島 南種子町長谷公園他にて2023年3月7日に当社撮影

🔼前日から打ち上げを待つ徹夜組の皆さん
(遥か遠方に種子島宇宙センターを望む)
🔼屋久島北方に沈む打ち上げ前日の夕日
(種子島が南の島であることを感じさせてくれる)

🔼打ち上げ前夜
(静寂の中にも現場の緊張感が伝わってくるようだ)

🔼打ち上げ当日の夜明け
(世界一美しい発射場と言われる種子島宇宙センター)
🔼打ち上げ前のひととき
(JAXA特設ショップ前の行列。当日はH3ロケットオリジナルグッズの無料配布があったため有り難く戴いた)
🔼リフトオフ

🔼打ち上げからSRB分離まで
(青枠内は分離の瞬間)
🔼見学者へのインタビュー
(打ち上げ直後のお昼のNHK全国ニュースより)
「はやぶさ2」特設サイト内 ▶「あの日のはやぶさ」

Contact Us

会社連絡先


■ 中野オフィス
東京都中野区中野1-30-23-101


電話:
03-5389-3995

E-mail:
info@alpha-nexus.jp

受付時間:
10:00-22:00

お問合せフォーム

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)
お問い合わせ内容