あの日の「はやぶさ」-2010年6月13日の宇宙科学研究所(相模原キャンパス)
ここでご紹介する写真は「はやぶさ」初号機が地球に帰還した日(2010年6月13日)に
JAXA宇宙科学研究所(相模原キャンパス)で撮影されたものです。(当社撮影)
「はやぶさ」初号機の実物大模型
イオンエンジン点火!
ターゲットマーカー
小惑星イトカワの模型

小さな「はやぶさ」の模型の縮尺は小惑星「イトカワ」の 大きさに合せてあるんだって。
ということは、「イトカワ」に比べると「はやぶさ」は こんなに小さいんだね。

小惑星探査ローバー「ミネルバ」のレプリカ
第1パブリックビューイング会場の様子

第1会場にもたくさんの人がいたけど、この第2会場も
「はやぶさ」ファンの大人や子供たちですぐにいっぱい
になっちゃったんですよ。
みんな、「はやぶさ」が無事に帰ってくるのを祈るような
気持ちで待っていたと思います。

会場にはこんなコスプレイヤーも登場。 ずいぶん遠くからいらっしゃったみたいですよ。 とても優しい方で、なんだか癒やされました。 こういう熱心なファンに「はやぶさ」は支えられてきたん ですよね。

第3パブリックビューイング会場の様子

更に3つめの会場が設営されて、ここにはリアルタイム で「はやぶさ」が大気圏に突入する様子が映し出されま した。JAXA広報の機転に感謝です。

リアルタイムで写し出された「はやぶさ」の大気圏突入の様子(赤丸内)

更に3つめの会場が設営されて、ここにはリアルタイム で「はやぶさ」が大気圏に突入する様子が映し出されま した。JAXA広報の機転に感謝です。

すべての運用が終了した管制室は、なんだか寂しい。

すべての運用が終了したあと、管制室からメッセージが 会場に届きました。 「ありがとう!! HAYABUSA」 の文字が涙でかすんでよく見えない。 ありがとう、ぼくらの「はやぶさ」。 ありがとう、「はやぶさ」チーム。 ありがとう、日本の底力。

「はやぶさ」が燃え尽きてしまった後、管制室からメッセージが。
管制室からのラストメッセージ